ハーブの利用法

マウントバーノンの風夜景

ハーブの利用法は多岐にわたります。一番簡単で手軽な摂取方法はハーブティーでしょう。ティーとしてハーブを取り入れれば、効能に加えて、香り、味、色なども楽しむことができ、リフレッシュ効果やリラックス効果が期待できます。家庭で簡単に行えるハーブ療法はたくさんあります。ハーブを日常の生活に取り入れて、病気の予防、健康の維持や増進、リラクゼーション、美容などに役立て、若さを保ち、ストレスに負けない、心身ともに健康な毎日を送りましょう。

ハーブの効能

ハーブカフェ画像

ハーブにはさまざまな成分が含まれており、その効能も多種多様です。西洋医学の薬の原材料や主成分になっているものも多数あります。薬はハーブに含まれるさまざまな成分の中から特定の有効成分だけを取り出し、その成分を化学合成していますが、ハーブは100%ナチュラルで、添加物などはいっさい含みません。薬がある症状に対して作用するのに対し、ハーブは症状だけでなく身体全体に働きかけます。 1つの植物中にあるさまざまな成分を一度に利用できるため、それぞれの成分が相互に作用し補い合うのです。ですから、ある症状を緩和しようとハーブを飲み始めたら、ハーブの持つ自然の力が人間の自然治癒力にも作用して、他の部分も強化されるということもあります。たとえば、今まで風邪を引きやすかったのが、簡単には体調を崩さなくなったりします。

ハーブ療法(ハーバルセラピー)

ハーブを始めとした植物に含まれる有効成分などを活用し、「病気の予防」、「健康の維持や増進」、「心身の不調」、「心身のリラックス、リフレッシュ」、「心のケア」、「スキントラブル」、「美容」などを始めとした、ライフスタイル全般に役立てる伝統的な自然療法を、ハーブ療法(ハーバルセラピー・植物療法)といいます。ハーブの芳香成分であるエッセンシャルオイルを利用するアロマセラピーも実はハーブ療法の一分野です。ハーブ療法は予防療法であり、疾病の予防、保護、手当てを目的とするものです。

 Information

オリジナルブレンド画像

バッチフラワーレメディセッション画像

※当店は、日本の正規総代理店のホームページにも、バッチフラワーレメディ取扱店として紹介していただいています。
http://www.purnama-intl.co.jp/hanbaiten/
(↑このページ「関東」の中程です)