バッチフラワーレメディとは

マウントバーノンの風夜景

バッチフラワーレメディは、イギリスの医師であり細菌学者、病理学者、ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士が提唱した花を使った癒しのシステムです。病気は精神や心の不調から起こると考えた博士は、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のレメディを完成させました。現在では、世界70カ国もの医療関係者から一般の人々にまで広く使われています。英国王室でも常用され、かのダイアナ妃も利用していました。 詳しく知りたい方はこちらの解説映像で。

バッチフラワーレメディの効能

ハーブカフェ画像

レメディは精神面や感情面に作用するもので、身体の諸症状に対して直接作用するものではありません。しかし、人間の身体と心は密接につながっていて、精神面や感情面がネガティブに働くと、それが身体に現れる場合があります。そういった意味で、レメディはまず感情に作用しますが、その結果間接的に、肉体にも良い影響を及ぼすことがあるのです。実際、レメディを飲み、精神の状態が良くなることによって、病気が治ったり、より健康になったりしたという事例が世界各地で数多く報告されています。
バッチフラワーレメディは全部で38種類。その一部を詳しく紹介しています。

誰でも安全に使用できます

レメディは全く副作用や害がありませんので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができ、薬と併用することもできます。無害なため、たとえ間違ってレメディを選んだとしても大丈夫です。当店は、日本の正規総代理店のホームページにも、バッチフラワーレメディ取扱店として紹介していただいています。http://www.purnama-intl.co.jp/hanbaiten/(←このページ「関東」の中程です)

*エドワード・バッチ博士の写真の著作権は英国ネルソンバッチ社に帰属します。

 Information

オリジナルブレンドハーブティー画像